2013年12月19日木曜日

12/18今年最後のボランティアに行ってきました

こんにちは。

先日18日に福島県いわき市にある仮設住宅へ
今年最後のボランティアマッサージに行ってきました。

広野町、四倉町、川内村、いわき市の方々が避難生活を送っています。


仮設の場所は四倉町というところにあるのですが
毎回時間があるときは少し北にある久の浜へ行っています。


ここは津波や火災の被害が大きかった場所です。

以前のような震災の爪痕は見えなくなり
区画整理工事が始まっていました。

唯一残った神社は残されるようです。


仮設に向かうと、「空室」という張り紙が多くなっていました。
町に戻られたのか、他に移られたのかはわかないのですが、
震災から2年9ヶ月・・・
少しずつ変化していくのですね。




集会所に到着すると、
いつも一番に来て待っててくださる方がすでにいらっしゃいました。
ほんとうにありがたいです。

指や首が動きが悪くなって・・・
というおばあさんの腕や手、肩、首をほぐしたら
「指が曲がるようになって、首も動きやすくなったよ」と喜んでくださいました。

別の地域の仮設の方なのだけれど
わたしたちが来るのを聞いて、わざわざ来てくださった男性も。

「毎回楽しみにしているから。」
と施術後、ニコニコと笑顔で帰られたご婦人。




現在は、震災当初のように是が非でも頻繁に行かなければ!
という状況ではなくなっていますが

こうやってわたしたちが来るのを楽しみにしている気持ちを
変わらず持ち続けてくださっている方たちのためにわたしたちにできるのは
手当てというお身体のケアだけでなく
「『忘れていない』ということを伝えにいく」
という大きな意味があるのだと今回深く感じました。



まだまだ仮設での避難生活は続きます。
これからどんどん寒さも厳しくなってくる季節。

来年も変わらずこの気持ちを伝えに行きたいと思います。



そして
今年もご参加いただいた素晴らしいセラピストさんたちに心から感謝いたします。

みなさんがいなかったら続けて来れなかったですし
これからもお一人お一人の温かい想いとマンパワーがないと続けていけません。

来年も引き続き、なにとぞよろしくお願いいたします。



・・・・・・・・・・・・・・

ご参加希望のお申し込み・お問い合わせは
volunteertherapist@gmail.comまでご連絡ください。

また、お友達セラピストにもメルマガ登録や
ボランティアの参加のお声かけも
どうぞよろしくお願いいたします。


ボランティアセラピスト・ネットワーク